新病院建設に向けてキックオフ
現在、市では春日部市立病院の平成27年度新築移転に向けて、再整備基本計画を策定し着々と準備を進めております。
これにより、市立病院は350床を有し、4疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)・4事業(小児医療、周産期医療、救急医療、災害時医療)を中心とした、東部地域の地域拠点病院として医療の中心を担うこととなります。

多くの市民の皆さん、東部地域の皆さんにとっても期待の病院であるとともに、そこで働く医師や看護師など医療スタッフにとっても待望の新病院であります。6月29日には昼間の業務終了後に「新病院建設に向けたキックオフイベント」が開催され100名を超す医療スタッフが集まり、新病院の概要に真剣に聴き入っていました。

市立病院は平成22年度決算で21年ぶりに黒字決算に転換し、平成23年度も黒字経営を維持する見込みです。これも現在の医療スタッフが患者第一の視点で努力をしてきた成果であり、このように優秀なスタッフが新病院への期待をもって業務に取り組むことで一層の相乗効果が表れることを確信しております。

私も新春日部市立病院を魂の入った、多くの皆さんから頼られ、愛される日本一の病院にするためスタッフとともに奮迅していく所存です。皆様ご期待いただければと存じます。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.