大凧あげ祭り
縦15メートル、横11メートル、重さ800キログラムの大凧が五月晴れの江戸川堤を空高く舞い上がる「大凧あげ祭り」の1日目が行われ、実行委員会はもちろん大凧文化保存会、観光協会の皆さま、ボランティアの皆さま、各協力団体の皆さまのご尽力により、約48,000人のご来場をいただき、盛大に開催できました。
また、今年は本部近辺に春日部の誇る地元飲食店によるフードコートを整え、ゆっくりと祭りを楽しんでいただくように工夫したり、庄和高校放送部によるアナウンス協力や、東武鉄道(株)による市内各駅での凧掲出や大凧図柄をヘッドマークに入れた「大凧あげ祭りPR電車」の運行など、新たな試みが入り、一層の盛り上がりとなりました。

改めて、主催者、協力者の皆さまに、心から、感謝申し上げます。
さて、「大凧あげ」は江戸川の増水により中止となった昨年の無念を晴らすかのように、ほどよい風の吹くなか、小凧はもちろん、大凧も上若組、下若組ともに2回とも綺麗にあがる大成功をおさめました。
私も、「大凧あげ」を行いましたが、大空にあがる凧を見ると、関係者の皆さんの苦労が報われるようで嬉しく感じました。

大凧あげ祭りは5日に2日目が開催されます。
多くの願いと熱意の詰まった「大凧あげ祭り」を通じて春日部の元気を感じ取ってください。
ぜひ、お待ちしております。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.