バスケットボール渡嘉敷選手が母校に凱旋
春日部出身のバスケットボール選手渡嘉敷来夢(とかしきらむ)選手が、Wリーグでのチームの5連覇に貢献するとともに、自身も「プレイオフMVP」、「センターフォワード部門でのベスト5」を受賞されるなど、大活躍をされました。

この活躍をうけ、母校春日部東中学校生徒が「お帰りなさい渡嘉敷先輩」と題して全校集会を開催し、私もその偉業を称える感謝状と記念品として名入り凧を贈呈させていただきました。

全校集会では、生徒からの素朴な疑問に答えていただく質問コーナーや渡嘉敷選手とのバスケットボール対決などを行い大いに盛り上がり、生徒たちにとっても素晴らしい想い出になったことと思います。

日本代表合宿からそのまま母校に来校いただいた渡嘉敷選手ならびに、実現に向けてご協力いただきましたJX−ENOSサンフラワーズ関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。
さて、渡嘉敷選手は現在、「ハヤブサジャパン」女子日本代表チームとしてシーズンオフも忙しくされており、近々アメリカに遠征にいかれるそうです。
秋には「東アジアバスケットボール選手権大会」などを経て、次期オリンピック、また現在招致活動中の東京オリンピックを目指して頑張るという決意を話されていました。

これからも春日部の宝であり、日本の宝である192pの大きな体に、大きな夢を秘めた渡嘉敷来夢選手を、市民の皆さんと一緒に応援していきたいと思います。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.