あきんどアート・ストリートライブ
梅雨らしからぬ晴天で暑い日が続いております。この時期あまりジメジメしすぎるのも嫌なものですが、農作物にとっては梅雨の雨は生育に必要不可欠なものであり、程よいひと雨が待ち遠しいところです。

さて、時期はずれの“熱さ”はこの春日部の地ではいたるところにあり、春日部駅東口近辺では先週の「沖縄エイサーまつり」に続いて「2013粕壁宿 商人(あきんど)アート文化展」、「かすかべストリートライブ」がおこなわれました。

商人(あきんど)アート文化展は、粕壁宿の商家に受け継がれる代々の品々や、趣味の芸術品を空き店舗を使って展示し、消費者と商店がふれあう、初の試みのイベントです。
実施にあたっては、春日部駅東口商店会連合会の皆さまが中心となり企画運営されるとともに、積極的に全国商店街振興組合連合会の援助を活用するなど、熱意と工夫が凝らされたイベントとなっております。
また、ストリートライブは市が進める「音楽のまちづくり」の趣旨をうけて、春日部TMOの皆さんが「ウェルカム若者」をキャッチフレーズに駅周辺の活性化を目指す事業であります。
開催にあたっては、東武鉄道春日部駅様のご厚意により駅前の一等地を貸していただき、この日も熱い中、ストリートミュージシャン7組が6時間弱にわたり若いパワーを存分に発揮していました。

春日部駅東口近辺ではこの他、「ブロンズ通りフェスティバル」や「第1回まちはミュージアム」、「まち友」をはじめ、7月13日(土)14日(日)に予定している「春日部夏まつり」など多くのイベントが開催されており、ご尽力いただいている皆さまに心から敬意を表するとともに、御礼申し上げます。
このようなイベントの開催にあたっては、企画運営される皆さまが各々の好きなことや、特徴を活かして、自身が楽しむことが大切であり、その雰囲気が参加される皆さんにも伝わり2倍、3倍にもイベントの質があがります。

そして、そのようなイベントが今回の「あきんどアート」と「ストリートライブ」のように、繋がり、相乗効果となることは非常に素晴らしい成功例であります。

市としても、これからも自ら考え、汗をかき、地域の発展に向けて前向きに活動される皆さま方とともに春日部の発展に向けて歩んでまいります。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.