中川・綾瀬川流域改修促進期成同盟会要望活動
6月20日、中川・綾瀬川流域改修促進期成同盟会の会長として、土屋品子代議士ならびに三ツ林裕巳代議士に仲介いただき、自民党本部と国土交通省へ要望活動に行ってまいりました。
今回は平成26年度国の予算編成に対し、中川・綾瀬川流域関係予算の大幅増額を要望してまいりました。
現在、中川・綾瀬川流域の治水安全度は首都圏外郭放水路や綾瀬川放水路、三郷放水路などの整備により、以前に比べて格段に向上しておりますが、近年急増している集中豪雨などの大規模災害に対する、さらなる治水対策が喫緊の課題となっています。
今回は、自民党本部において浜田靖一幹事長代理、国土交通省において鶴保庸介副大臣に対して、また、国土交通省の関係する部署に直接伺い、流域の地図を用いながら河川事業の必要性を説明し、要望をさせていただきました。
いつ起こるか分からない大規模自然災害への早急な対策は流域住民の願いです。
今後とも、このような要望活動を通して、治水事業のさらなる進展を図り、流域住民が安心・安全
に暮らせるまちづくりに努めていきたいと考えております。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.