春日部夏まつり
早めの梅雨が明け、春日部の夏の風物詩「第41回春日部夏まつり」が7月13日(土)14日(日)に盛大に開催されました。
今年も13日は23基、14日には25基の御輿が街に繰り出し、セイヤ、セイヤの威勢の良い掛け声とともに練り歩き、2日間で約25万人の方々にお楽しみいただきました。

春日部夏まつりは、浅草の三社祭に次ぐ、近隣でも名をはせる勇壮なお祭りであり、毎年多くの皆さんが心待ちにしていることと思います。
また、御輿に限らず、各所において「和太鼓競演」や「流し踊り」「よさこいソーラン」がおこなわれるなど、街全体が一体となって盛り上げていこうという熱意がひしひしと伝わる、市民の皆さまの手による、市民の皆さまのお祭りです。
このように毎年盛大に開催できますのも、各地域で御酒所を支える皆さま、御輿の担ぎ手や、補助する皆さま、祭り会場を提供されている粕壁地域の皆さま、そして、関根会長をはじめとする春日部夏まつり実行委員会の皆さまのご理解、ご尽力の賜物であり、
ここに改めて、感謝と敬意を表します。

これからも、この「春日部夏まつり」が市の一体感を醸成するシンボル的なお祭りとして一層発展するとともに、子ども達の心にふるさと春日部の情景として刻まれ、次世代に長く引き継がれることを願っております。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.