牛島小学校と春日部工業高校との交流事業
春日部市では、子ども達の教育現場において色々な交流の機会を設け、実際に見て、感じて、触れることができるように様々な工夫をしております。
多くの事業所にご協力いただいている中学生の社会体験チャレンジ事業(スリーデイズ)や、食育を目的として地域の農家の皆さんにご協力いただいている稲作体験など、数え上げればキリがありません。
本日は、14年目を迎えた牛島小学校と春日部工業高校との交流事業がおこなわれ御礼と激励に訪問しました。
この事業は、春日部工業高校の皆さんが学ばれている技術を児童に伝えていただくことでモノ作りの楽しさを実感することを目的としております。

今年は、「木製の椅子と小物入れの製作」と「ミニ新幹線の乗車体験」、「アメリカンフットボールロボットの実演」などがおこなわれ、参加している児童は目を輝かせて楽しんでいました。

春日部工業高校は非常に高い技術を有しており、新幹線は様々なイベントで人気のアトラクションになっています。また、アメリカンフットボールロボットは最近開催されたロボット大会で県1位になり全国大会に出場する予定ということであり、今後が非常に楽しみであります。

このような異世代交流は、核家族化が進展している現代では非常に貴重な機会であるとともに、工業高校の生徒の皆さんにとっても日ごろの勉強の成果を発揮する大事な場になっていると思います。

今後とも市としては、座学だけでなく体験を通じて、子ども達が将来に向けた指針を見出せるような教育を推し進めてまいりたいと考えております。
皆様には、引き続き、ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.