押絵羽子板と特産品まつり
春日部市の冬の定番イベント「押絵羽子板と特産品まつり」が12月21日(土)から23日(月)の3日間、春日部駅東口改札前で開催され、激励に訪問しました。

市の特産品である押絵羽子板は、昔から「邪気をはねのける」といわれ厄払いとともに、女児の出産を祝い、成長を願う縁起物であり、このまつりも毎年1万人を超す方々にご来訪いただく年末の風物詩となりました。
会場では同じく春日部の特産品である桐箱、麦わら帽子の販売のほか、「羽子板お絵かきコーナー」や、地元商店によるお茶のふるまい、銘菓羽子板もなか、お餅の販売がおこなわれ会場を盛り上げてくれていました。
春日部駅東口駅前という最高のアクセスとなっておりますので、ぜひ、ご来場いただければと思います。
このような歴史と伝統をつなぐ祭りが長く行われているのも、PRに積極的に取り組まれている特産品事業者の皆さまのご努力はもちろん、一緒に盛り上げていこうとする商業者の皆さま、貴重な場所を提供いただいている東武鉄道春日部駅さまをはじめ、多くの皆さまのご理解の賜物であり、あらためて感謝申し上げます。
この1年間春日部市内では多くのイベントがおこなわれ、私もともに参加してきました。
常々感じていることですが、本当に春日部市民の皆さまの街を盛り上げていこう、それを楽しんでやっていこうとする熱い気持ちに感服するとともに、私にとっても一層頑張っていこうという励みになっております。

来年も、ふるさと春日部を愛する皆さんとともに手を携え協働して、一層の発展に向けて突き進んでまいりますので、どうぞ引き続きのご理解、ご協力をお願い申し上げます。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.