市立病院再整備実施設計案


 この度、平成27年度完成を目指している新春日部市立病院の実施設計案がまとまり、その詳細について模型やイメージビデオなどを使い確認いたしました。

 今回の実施設計案では、従来の案から、より詳細な事柄を決定いたしました。
例えば、診療業務、検査業務にあたっての効率的な動線の検証や、各部門内の部屋の配置、病棟におけるスタッフステーション形態の見直しなど、患者さまの目線に立った工夫や施設整備をおこなっております。



 また、新病院についてはかねてより、春日部らしい、春日部にしかないような温かい雰囲気を出していきたいと考えておりました。

 そこで、かすかべ親善大使で漆芸の人間国宝である増村紀一郎さん、教育委員でもあり画家の金森良泰さん、市役所本庁舎前に彫刻をご寄贈いただくなど春日部にゆかりのある彫刻家の加藤豊さんから様々なご意見をいただく新病院アートワーク検討会議を進めております。

 芸術の分野における日本を代表する識者の皆さまに地元春日部に合った病院とするために貴重なご意見をいただいておりますので、間違いなく他に類を見ないオンリーワンの病院になるものと確信しております。


 完成に向けて、平成26年度は工事に着手し、皆さまの目に触れる形で病院のイメージが見えてきます。

 新病院を魂の入った、多くの皆さんから頼られ、愛される日本一の病院にするため、スタッフとともに邁進していきますのでご期待ください。



私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.