春日部共栄高等学校凱旋


 夏の甲子園に臨んでいた春日部共栄高等学校は第1戦目に春の選抜高校野球を制した優勝候補を打ち破り勢いにのりましたが、第2戦目は9回2アウトから一矢報いたものの残念ながら夢ついえてしまいました。

私も第2戦目は高校に訪問し、甲子園のアルプススタンドに負けない一体感の中、先生方や生徒の皆さんと一緒に力の限り応援しました。




 この夏、様々な方々とお話しするとき、春日部共栄高等学校の話題が一番の関心事であり、私達、春日部市民に大きな夢と希望を与えてくれたことを実感するとともに、改めて、心から感謝しております。

最後までモットーである“明るく・楽しく・元気よく”白球を追う姿は甲子園にさわやかな春日部旋風を起こし、市民にとっても大きな誇りでありました。


 翌日、激戦を戦い抜いた選手たちがふるさと春日部の高校に戻ってくるのを、支えていた父母の会の皆さまや先生方と一緒に出迎えさせていただきました。

夢の舞台から戻ってきた監督、選手達は疲れもあったはずですが、ひとまわりも、ふたまわりも大きく成長した充実感に満ち溢れていました。
間違いなくこの経験と想い出は、監督、選手はもちろん、応援団やブラスバンドなど携わっていた全ての皆さんの人生にも大きな効果を与えてくれるはずです。

素晴らしい成果を得られましたが、長い戦いであったと思います。とりあえず心と体をリフレッシュしていただき、おのおの次の甲子園や進学など新たな挑戦に向けて、一層躍進されること心から願っております。

これからも春日部を代表する高校として応援しております。がんばれ!春日部共栄!


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.