春日部市消防団出初式


 新年の風物詩ともいえる春日部市消防団の出初式が、多くの消防団員の皆さま、上田知事、土屋代議士、三ッ林代議士はじめご来賓の皆さま、見学の市民の皆さまのご参集をいただき盛大に開催されました。

風が強く例年以上に寒さ厳しい式でしたが、団員の皆さまの真剣に取り組む張り詰めた空気は出初式を一層凛とした素晴らしい式典にしてくれました。




 消防団は現在、春日部地域、庄和地域あわせて14分団と女性団員あわせて205名の方々で構成されています。

その歴史は古く江戸時代の町火消しから始まり、団員の皆さまは他に本業を持ちながらも「自らの地域は自ら守る」という郷土愛護の精神に基づき、地域防災の要として住民の安心と安全のためにご活躍をいただいております。

皆さまご存知のとおり先の東日本大震災においても、消防団の方々の命をかけた活動は多くの人命を救い、大災害時にはまずは地域での初動が何よりも大事であることを実感されたことと思います。



 これから一層冬の寒さも厳しく暖房器具も利用され出火件数も増大してまいります。
消防団の皆さまならびに、春日部市消防では万全の体制を整えてはおりますが、何よりも出火しないことが一番大事であります。

皆さまにおかれましても、これを機にカーテンなどに防炎品を使用することや燃えやすいものを放置しない、コンセントにホコリがないか、また、住宅用消火器や火災警報器の設置など身近で出来る火災予防活動にご協力をお願いいたします。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.