新1年生の見守り活動

 期待と希望に満ち溢れた小学一年生の生活もはじまり、少しずつ慣れてきたことと思います。
春日部市の小学校は各校それぞれの地域特性を活かした特色ある教育に取り組んでおり、きっと新一年生も日々刺激に満ち溢れていることと思います。

また、春日部市の給食は、ご存知のとおり毎年のように「学校給食文部科学大臣表彰」を受賞しており、そのおいしさは実際に食べている児童達はもちろん、先生にも好評をいただいております。
まだ学校生活に慣れない新一年生の児童にとっても、おいしい給食が食べられることは、きっと励みになっていると思います。


 さて、ありがたいことに春日部市では地域で子ども達を見守っていく取り組みが盛んで、登下校の際に児童の安全を守るための「見守り活動」は、市内で約1800人の方々のご協力をいただき実施されております。

また、先日、新1年生が登下校の際に身に着ける「黄色いワッペン」「警報ホイッスル」「防犯ブザー」の贈呈がそれぞれ市内保険会社、春日部地区遊戯業防犯協力会、(社)埼玉県トラック協会からおこなわれ、私からも感謝を申し上げました。

交通事故が深刻な社会問題であった昭和40年にはじまった黄色いワッペン贈呈事業も、時代とともに新たな団体のご協力をいただき、実に50年以上にわたり続いていることに、心から感謝と敬意を申し上げます。


 市においても、毎年新一年生の安全のためにランドセルカバーの配布を実施しており、今年は、デザインをリニューアルして、本市の伝統工芸品である「麦わら帽子」をかぶった元気な児童のイラストにしました。

これは現在推進しているシティセールスの一環で実施しているもので、まさに、春日部らしいランドセルカバーができあがりました。

皆さまのご近所でも黄色いワッペンにランドセルカバーの新一年生がいっぱい登下校していると思います。
ぜひ、これからの春日部市を担う、大切な児童達のために温かい見守り活動をお願いいたします。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.