市の花フジの季節

 雨続きではありますが春は着実に進み、青葉が目にまぶしい季節となってまいりました。
これからの時期、春日部市ではいよいよ市の花フジが咲き誇る、1年で最も華やかな季節となります。

皆さまご存知のとおり、市内の藤花園には国の天然記念物である樹齢千二百余年にも及ぶ「牛島の藤」があります。

4月16日には同園において鎮花祭がおこなわれ、私も開花状況を拝見しました。
4月に入り雨や雪、雹が降り天候的には心配な部分もありましたが、順調に15センチ程度に花房が成長し、長ければ2メートルにも成長し私達を楽しませてくれます。


 また、春日部駅西口のふじ通りは、総延長1キロにもおよぶ藤棚に7種218本のフジが咲き誇り、街中が爽やかな匂いに包まれる春日部市自慢の通りです。

ふじ通りをもっと多くの皆さまに楽しんでいただくため、すべての木にフジの種類の名札をつけるとともに、今年は花の種類や特徴を紹介する案内看板を設置しました。

中には218本のうち、1本しかない種類のフジもありますので、ウォーキングを兼ねて探してみてください。

市のホームページにおいても、ふじ通りのご紹介と最新のフジの開花状況をご紹介しておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

《春日部市ホームページ:ふじ通りはこちら》


 そして、4月26日(日)には、このふじ通りを舞台に多くの市民の皆さまのご協力をいただき「第34回春日部藤まつり」が開催されます。
ふじ通りを埋め尽くす、音楽やダンス、春日部の誇るおいしい模擬店がならび、毎年15万人の方々にご来場いただいております。

今年のパレードは10周年記念として、クレヨンしんちゃんも加わり、参加者は春日部の特産品麦わら帽子をかぶって練り歩きます。
また、全国大会で金賞の常連校である春日部中学校、豊野中学校の吹奏楽はもちろん、可愛い幼稚園児のパレード、よさこいソーランに流し踊りなど盛りだくさんのイベントで1日いても絶対に飽きることはありません。

ぜひ、ご来場いただき、市民の皆さまの熱意とパワーあふれる春日部の元気の象徴、春日部藤まつりを楽しんでください。お待ちしております。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.