JAZZDAYから春イベントスタート

 春日部市の元気の象徴である春のイベントが「JAZZDAYかすかべ2015Spring」を皮切りにスタートしました。

ジャズでまちなかににぎわいをつくろう!という趣旨で平成18年からはじまったJAZZDAYも、今回で26回目の開催となり、すっかり音楽の街かすかべをけん引する、一大イベントへと成長しました。

また、今回は尾堤実行委員長から、新たに三藤実行委員長に世代交代されるということで、そのノウハウと熱いソウルが着々と引き継がれていくことを非常に頼もしく感じております。


 当日は、ここのところの雨続きから解放され、さわやかな天気のもと5,120人の方々にご来場いただき、レベルの高い音楽を地元商店会主催の屋台とともに大いに楽しんでいただきました。

市内の大小、様々なイベントにおいても、このような市民活動と商業者のコラボがすっかり定着しており、春日部のイベントにいけば、地元のおいしいものが食べられるという構図が出来上がっております。

しかし、春日部ではすっかり当たり前のようになってきた、この構図も決して一朝一夕に作られたものではありません。
このJAZZDAYのように、来場者に楽しんでもらいたい、まちににぎわいを生み出したいという実行委員の皆さまの熱意の賜物であり、その積み重ねに心から感謝を申し上げます。


 さて、これから市内では4月26日(日)の「第34回春日部藤まつり」、5月3日(日)・5日(火・祝)の「大凧あげ祭り」、5月4日(月・祝)の「第27回春日部大凧マラソン」と春のイベントが目白押しとなってきます。

どのイベントもイベント自体の面白さはもちろん、地元商業者のご協力によりおいしい屋台がところせましと出店しております。

また、商業との協力という点では、今年も東武鉄道(株)からの大きな支援をいただいております。
今週4月24日(金)〜30日(木)には、東京スカイツリーにおいて大凧あげ祭りのPR展示をおこなうとともに、現在、スカイツリーライン、アーバンパークラインで大凧のヘッドマークを掲出した車両が春日部市を飛び出して、千葉県、東京都、神奈川県を駆け巡ってPR活動をしてくれています。

さらに、大凧マラソンにおいてもゲストランナーとして、最強の市民ランナー川内優輝さんと、かすかべ親善大使で気象予報士の平井信行さんが出場し大会を盛り上げてくれます。

市民の皆さんの熱い想いのこもった企画に商業者・企業、著名な方々、そして行政が一丸となって盛り上げていく春日部市の春のイベント。
ぜひ、ご来場いただきそのパワーとおもてなしの心に触れていただければと思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.