内山選手10度目の防衛成功

 毎年のことながら、春日部市のゴールデンウィークは藤まつり(約18万人来場)、大凧あげ祭り(2日間で約12万人)、大凧マラソン(申込者10924人、応援者等42千人)とビッグイベントが続いており、まさに、元気な春日部の象徴のシーズンであります。

そして今年は最終日の6日に、かすかべ親善大使でWBA世界スーパーフェザー級スーパーチャンピオン内山高志選手の10度目の防衛戦がおこなわれ、見事2ラウンド1分15秒、胸のすくようなTKO勝ちで、華やかに締めていただきました。



 当日は、ゴールデンウィークでお疲れの方もいたかと思いますが、春日部後援会ではバス3台を超える大応援団を組織され、会場は内山選手への熱い応援で包まれていました。

今回の対戦者は過去最強といわれる若手の無敗の選手でしたが、内山選手はいつも通りの決して奢らない姿勢と冷静な試合運びで、見事な勝利をおさめ日本歴代2位となる10度目の防衛を果たしてくれました。



 今年は春日部市も新市施行10周年を迎えます。
その記念すべき年に10度目の防衛を果たしてくれたことは、私はもちろん、多くの市民の皆さんにとっても大きな誇りを感じたのではないでしょうか。

今後、内山選手には、具志堅選手のもつ13度の連続防衛記録を超えることや、WBCなど他団体との統一戦、ラスベガスでのビッグマッチなど、大きな夢が広がっています。

春日部出身で世界に誇るスーパーチャンピオンの、こんなに大きな夢を身近に感じ、一緒に実現に向けて進んでいく一体感は、そうそう実感できることではありません。

ぜひ、これからも市民の皆さんとともに、ふるさと春日部の誇る内山選手の夢を応援していくことを通じて、春日部を一層盛り上げていきたいと思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.