春季体育祭


 五月のさわやかな空気の中、市内小中学校17校において、5月16日から3週にわたり春の体育祭が盛大に開催されております。

新学期がはじまってすぐの時期ではありますが、児童・生徒の努力はもちろん、先生方の指導のおかげで、すばらしい体育祭となっており、私も公務の関係上、短い時間になってしまいますが、全校に激励にうかがいます。

 
 皆さんご存知のとおり、小学校から中学校にあがった後、集団生活の大きな変化や、先輩・後輩といった人間関係、勉強が難しくなるなど様々な要因をもとに発生する心理的な負担などを総称して「中一ギャップ」といわれております。

多かれ少なかれ、どの世代の方々も感じたことはあるかもしれませんが、現代はより顕在化し、問題となる事例も多いようです。

春日部市においても、いじめや不登校などの解消に向けて、学校だけでなく臨床心理士などの専門家を含むチームで対応する「こころのサポート推進事業」や、小中一貫教育によるスムーズな義務教育環境の整備、いじめ防止に向けた総合的な方針の決定など、様々な取り組みをおこなっております。

 しかし、このような取り組みも、行政だけでは「絵に描いた餅」となりかねません。
学校はもとより、家庭、地域、学校を支援いただいている方々と一体となって、問題にあたってこそ、早期解決につながるものと考えております。

年度初めの期間のない時期の体育祭で、児童・生徒も、学校も大変かもしれませんが、一つの目標に向って一致団結して突き進む一体感は中一ギャップの緩和に繋がるとともに、地域の皆さまとの交流という点において大きな効果があるものと考えております。

ぜひ、23日(土)、30日(土)と体育祭が開催されますので、頑張っている児童生徒達の活動を応援してあげてください。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.