武里太陽光発電所竣工式

 この度、春日部市初の市営の太陽光発電所「武里太陽光発電所」が竣工しました。

この太陽光発電により、年間75,000KWH(キロワットアワー)が発電され、概ね一般家庭20世帯分の年間使用料をまかなうことができるようになります。
 
 この太陽光発電所の建設は、ウェルシアホールディングスの名誉会長であり、一ノ割呑竜通り商店会の前会長でいらっしゃった故・鈴木孝之氏からの多額の浄財のご寄付によるものです。

鈴木氏は地元一ノ割の薬局から国内有数のドラッグストアチェーンを育て上げられた素晴らしい経営者であります。
また、賢者はすべてを学びに変えるともいえるような、その生き方と、時代を見る先見であらゆること成し遂げられるとともに、誰よりもふるさと春日部への深い愛情と、市の将来に強い想いをお持ちでいらっしゃいました。

私としても、鈴木氏のご遺志を実現させることができ、何よりの喜びであるとともに、
そのご遺志を引き継がれたご子息の鈴木大氏にご臨席いただきましたことに、心から感謝申し上げます。


 太陽光発電をはじめとした自然に優しいエネルギーを創り、利用していくことは未来に繋がる環境社会を実現するためには欠かせない重要な施策です。

市としても、電気自動車用急速充電器の設置や、住宅用太陽光発電設備の補助制度をはじめ、市民の皆さまにご尽力いただいているクリーンデイなど、様々な施策を実施しております。

今後とも、平成20年に制定した環境都市宣言のもと、「自然と人とが共生し、未来につなぐ環境をみんなで育てまもるまち・春日部」の実現を目指してまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.