渡嘉敷選手リオ五輪出場凱旋報告会

 女子バスケットボール日本代表チーム・ハヤブサジャパンのエースとして、3大会ぶりのオリンピック出場を決めた、春日部市出身の渡嘉敷来夢選手が市役所で多くの市民の皆さまに迎えられて、リオオリンピック出場凱旋報告をされました。

渡嘉敷選手は、2大会連続3度目のアジアチャンピオンに輝いた原動力として、2大会連続のMVPに選出されるなど、まさにハヤブサジャパンのエースとして大活躍をされました。
 
 ここのところ、試合やイベント続きでお休みもないという渡嘉敷さんですが、報告会では力強くリオオリンピックでのメダル獲得という大きな夢を語ってくれました。

今年春からのアメリカでの武者修行で、世界との戦いを肌で感じ続けた経験はかえ難い財産であり、きっとオリンピックでも日本チームけん引し、メダルという夢に向けて邁進することと思います。

春日部市からも、そんな渡嘉敷さんの夢を応援するため、一番良い色の金を背景にあしらった特産品の押絵羽子板を贈呈しました。
折にふれて、地元春日部市民の熱い応援の気持ちがこもった羽子板から、少しでも次へのエネルギーを産み出していただけたら幸いです。


 今後、大きな夢に向かい突き進む渡嘉敷選手を応援し、その力になっていくためには、市民の皆さまの強い気持ちが欠かせないのではないかと考えております。

今回の表敬訪問についても中学時代の恩師で春日部市バスケットボール協会の鈴木会長など、多くのゆかりのある方々にご協力いただき実現することができました。

また、表敬訪問の後、母校東中学校での後輩との触れ合いや、同級生などとの交流はきっと渡嘉敷選手にとっても、心の安らぎになるように思います。

ぜひ、市を挙げて春日部育ちのオリンピックプレーヤーとなりえる渡嘉敷選手を一丸となって応援するとともに、ホッとするふるさと春日部であるよう、皆さんのご協力をお願いできればと思います。

渡嘉敷選手には、バスケットボールでの更なる成長を期待することはもちろんですが、何よりも怪我なくリオオリンピックを迎え、春日部市民はもとより、日本国民に夢と希望を見せてくれることを願っております。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.