1年の締めくくり

 早いもので今年も終わりに近づいてきました。皆さまどのような1年でしたでしょうか。

春日部市におきましては、新市施行10周年の記念の年を迎えることができました。
あらためて、この10年間本市の発展に多大なるご尽力をいただきました皆さまに、心から感謝を申し上げます。

10年間を振り返りますと、自治基本条例の制定や特例市への移行、子ども医療費の受給年齢の拡大をはじめ、春バスの運行、藤塚米島線の開通、南桜井駅周辺整備、児童館3館の開館など、皆さまのご理解、ご協力をいただきながら、スピード感をもって、あらゆる分野で多くの事業を実現して参りました。

《「春日部市政の歩み」はこちらから》
 
 これら10年間の歩みを記念して、今年7月には32年ぶりとなるNHKのど自慢を開催するとともに、10月には記念式典を開催し、ご尽力いただいた皆さまへの特別表彰の実施や、かすかべ親善大使あえかさんのご協力を得て、市の歌「心の空」を発表することができました。

この他、武里南保育所の開所やいじめ防止条例の制定、小中学校普通教室等へのPFIによるエアコン設置の決定、シティセールスシンボルマークの決定、発行総額15億6,000万円のプレミアム付商品券を発行、完売など、多くの方々のご協力をいただきながら様々な事業を実施しました。

《平成27年10大ニュースはこちらから》
そして何よりも、市民の皆さま主催の事業においても10周年記念という冠をつけて約50にもおよぶ、様々な記念行事を開催いただき、一緒に祝うことができましたことを、大変嬉しく思っております。

 私は市長に就任以来、この10年間現場主義を貫き、市民の皆さまの声を直接お聴きし、市政に反映すること、市政へ市民の皆さんの参画を進めることなどを念頭に、全力で市政運営に取り組んでまいりました。

そして、まだまだ春日部市は大きく伸びる可能性を秘めています。
この可能性の芽を見つけ、育て、花を咲かせるためには、この10年間、現場主義を貫き実感した“元気な春日部”を創ってくれている、エネルギーあふれる市民の皆さまのお力なくしてはできません。

これからも、私達の“ふるさと春日部”を一層元気にし、春日部の誇る大凧のように大きな飛翔をしていくためにも、皆さまと一緒に手をたずさえて市政発展に取り組んでまいります。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.