夢に向かって新たなスタート

 皆さまには輝かしい新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

また、春日部市におきましても、10周年という区切りの年を経て、新たなスタートとなる大切な新年を迎えました。

3月には市民の安心、安全の要とも言える新市立病院が竣工し、夏には開院を迎えます。最新の設備・医療機器を有するだけでなく、アートを活用して患者様や家族の皆様の心に寄り添い、温かみのある素晴らしい病院ができあがります。

また、局地的な大雨の浸水被害等の軽減に向けて県内で初登録された国土交通省の「100mm/h(ミリ) 安心プラン」にのっとり、今後10年間で一層、水害に強い春日部市の実現に向けて事業を推進してまいります。

このほか、スポーツ広場等を備えた大枝公園の完成、より良い施設の在り方を目指す公共施設マネジメント基本計画の策定、さらなる発展に欠かせない春日部駅付近連続立体交差事業の促進や中央通り線整備事業の推進、用地取得の始まった東埼玉道路の早期着工など、未来の春日部市の礎ともいえる重要な事業の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。
 
 また、今年は、市にゆかりのある方々の活躍も私達に大きな夢と希望を与えてくれることと思います。

かすかべ親善大使でWBA世界スーパーフェザー級スーパーチャンピオン内山高志さんは、すっかり定番となった大晦日の防衛戦を見事3ラウンド1分47秒にTKOで勝利をおさめ、国内単独2位となる11度目の防衛を果たしました。

今後は自身の夢であるアメリカという大舞台での試合開催に向けて、着々と準備を進め、早ければ13回防衛の日本記録も今年中に超えてくれるかもしれません。

さらに今年は夏にリオオリンピックが開催されます。
春日部共栄高等学校出身で競泳の星奈津美選手や、女子バスケットボール日本代表チームのエースであり、春日部市出身の渡嘉敷来夢選手が、オリンピック選手として出場し世界の大舞台で夢の実現に向けて、大活躍してくれることを期待しております。

 私は常々、春日部市の発展には行政だけが各種事業に取り組むだけでなく、元気な春日部の象徴ともいえる市民の皆さまのご尽力がなによりも必要であると考えております。

そして、年間を通して様々な催しにうかがいますと、市民の皆さまのふるさと春日部を愛する気持ちと、あふれるエネルギーに触れ、非常に頼もしく感じるとともに、これこそが春日部市の貴重な財産であると実感しております。

今年も市民の皆さま、市にゆかりのある方々、事業所の皆さま、議員の皆さまはじめ、春日部に関係するすべての皆さまと手を携え、コラボレーションし、1+1が、3にも、4にもなるような相乗効果を得ながら、市政運営に取り組んでまいりますので、どうか、引き続き、ご理解、ご尽力を賜りますようお願いいたします。



私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.