粕壁小学校英語教育視察

春日部市内の小中学校の様々な活躍は数え上げればきりがありません。

最近の全国レベルの好成績だけでも、豊春小学校の全国教育美術展での文部科学大臣賞受賞や豊野中学校女子バスケットボールのbjリーグジュニアユース2連覇、春日部中学校のマーチングバンド全国大会での金賞受賞などがあります。

また、学校運営でも相当頑張っており、学校給食では文部科学大臣表彰を何度となく受賞し、メディアでも紹介される機会が増えるとともに、各学校でも英語教育や理科教育、小中一貫教育、芸術文化活動、読書活動など「特色ある教育」に取り組んでおり、このような成果があらゆる場面での結果につながっているものと考えております。

今回、そのような成果が評価され文部科学省の堂故大臣政務官に粕壁小学校の英語教育の取り組みを視察いただきました。
堂故大臣政務官は、もともと富山県氷見市の市長を4期務めて参議院議員になられたので、地方自治体の実情や課題を本当によくご理解されており、教育分野はもとよりあらゆる分野でのお話しをさせていただきました。

氷見市長時代には、中学生のマーチングバンドの育成にも力を入れ、春日部同様に全国に誇る実績をつくられたそうで、その熱意に感じ入るものがありました。

このような方に春日部市の取り組みをご紹介できることは、大いなる誇りであるとともに、ご来訪にご尽力いただきました皆さまに心から御礼申し上げます。

粕壁小学校の英語教育については、平成9年に当時の文部省から研究開発学校の指定を受けて以来、今日にいたるまで20年弱にわたり文部科学省の支援、指導をいただきながら着々と実績を積み重ねてきました。

「Enjoy English Everyday!」の基本精神の下、全学年で毎日行うE−タイムと週1回学習するE−タイムLの2タイプの学習時間の創設や、スキット・ビデオを教材として利用する取り組みなどは「粕壁小方式」とまで言われ英語教育の方法をしっかりと確立しています。

子ども達の元気にあふれた、嬉しそうに授業に取り組む姿こそが、誇るべき何よりの成果であります。

このような姿を見ますと、市はもちろん、国、ひいては世界の宝である子ども達の成長に向けて、文部科学省はじめ、地域の皆さまにもご指導いただきながら、連携協力して教育環境を一層充実していきたいと考えております。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.