大凧あげまつり筆入れ2016

 ゴールデンウィークの一大イベント「春日部大凧あげ祭り」(5月3日、5日)もすっかり定番化し、昨年はドキュメンタリー番組「日本の祭り2015」にも紹介されるなど、日本はもとより世界に誇るお祭りとなったことを嬉しく思っております。

また、東武鉄道のご理解、ご協力をいただき、今年も大凧のヘッドマーク列車の運行や沿線各駅でのPR活動なども予定しており、市民、事業者、行政が一体となり着々と進めております。

そして、いよいよ祭りの主役である大凧の文字入れがはじまりましたので、私も激励と作業に、上組、下組ともに訪問いたしました。
 今年の凧文字も一般募集をしたところ多数の応募をいただき、実行委員会の皆さまによって、大凧が「春日部」・「元気」、小凧が「情熱」・「活気」に決定しました。

大凧文字は、活力ある街として発展を続ける春日部が、今後もますます元気になって欲しいという願いのもと選定されたもので、新市施行後10年を経過し新たなスタートを切る春日部にとって象徴的な言葉であります。

小凧文字は、市内の小学5年生から募集し、みんなが何事にも情熱をもって取り組めば、春日部市はもっと、もっと活気のある街になるという、非常に前向きな、エネルギーにあふれた言葉が選定されました。

五月晴れの中、薫風を受けて、皆さんの願いがこもった大凧・小凧が大空に舞い上がることに、大いなる期待をしております。

 さて、12万人を超える来場者を誇る「大凧あげ祭り」も毎年趣向を凝らしており、昨年は地元グルメを提供するエリアの増設や春日部出身のフリーアナウンサー二階堂絵美さんに司会をお願いするなど、挑戦を重ねております。

そして、今年も初の試みとして、大凧があがるのをゆっくりと鑑賞することができる「有料観覧席」を設置することとなりました。
3/10から受付がはじまります。ぜひ、広報かすかべ3月号をご確認、申し込みいただき、優雅に舞う大凧を楽しんでいただければと思います。

《広報かすかべ3月号はこちらから》

また、大凧あげ祭りの引き手の募集もあわせておこなっております。
縦15m×横11m、重さ800sの大凧が大空に舞いあがる力を、体感できる貴重な機会となりますので、こちらも応募をお待ちしております。

《大凧あげ祭り引き手募集》

主催者の大凧保存会はじめ、多くの関係者のご協力をいただきながら、引き手として参加するも良し、有料観覧席からゆっくりと見るのも良し、大凧の迫力を体感できる場所から見るも良し、地元グルメを楽しむも良しと、盛りだくさんの楽しみ方をご用意しております。

ぜひ、春日部の元気を実感できる「春日部大凧あげ祭り」へのご来場をお待ちしております。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.