春日部レインボー・ブリッジパークむぎわら点灯式

 市民の皆さんに親しまれている大落古利根川にかかる古利根公園橋は、昭和59年に市制30周年を記念して完成した橋長79メートルの全国初の橋上公園であり、彫刻や親水テラスを有する、春日部市にとって賑わいを演出する大切な財産であります。

この度、その価値を一層高めるため公園橋をライトアップする事業にとりくみ「春日部レインボー・ブリッジパークむぎわら点灯式」と題して、地元自治会、商工関係者など多くの皆さまのご列席をいただき式典を開催いたしました。
 ライトアップは、日没から午後10時まで年間8種類のイルミネーションに彩られます。春夏秋冬、それぞれの季節の雰囲気に応じた色合いから、大凧あげ祭りの時期限定の赤と緑の大凧カラー、春日部夏まつり限定の七色のレインボー、市民の日限定の市章色の緑色や、クリスマス限定の赤とオレンジなど、春日部らしさが表現されています。

光と風をテーマにした市の特産品麦わら帽子をイメージしたモニュメントが8種類のイルミネーションに照らされ、同じく橋上にあるブロンズ像とあいまって川面に映る姿は、春日部の新たな観光スポットや、デートスポットにもなってくれるのではないかと大いなる期待を寄せております。
 春日部駅東口近辺は、日光街道の宿場町として古くから栄え、大落古利根川という自然環境とあいまって、市内でも有数の貴重な財産をたくさん有しています。

また、駅前からの無電柱化や点在する彫刻、観光案内所のぷらっと春日部など、今後、連続立体交差事業により東西の交流が盛んになることで、より一層の発展が期待できるポテンシャルの高い地域でもあります。

今後とも市の玄関口として、中心市街地として多くの皆さまにその素晴らしさを共感いただけるよう、地域の皆さんとともに、それぞれの財産が活きるよう創意工夫と熱意をもって取り組んでいきたいと思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.