春日部市立医療センター竣工記念植樹式

 市民の皆さまの命と健康を守る拠点である新たな市立病院も名称を「春日部市立医療センター」と定め、先日、市議会議員の皆さま、報道関係者の皆さまにお集まりいただき、竣工記念植樹式を執り行い、その後、院内を見学していただきました。

約2年間にわたる工事が終り、無事に竣工・引渡しを迎えられましたことは、近隣住民の皆さまのご理解、ご協力はもとより、工事関係者の安全配慮のおかげであり、感謝を申し上げます。
 さて、医療センターの内部については、案内サインを診察、検査など行動毎に色分けし、利用者にわかりやすく大きくするとともに、壁の色や照明などが工夫され、全体的にやさしい印象を受ける仕上がりになっております。
また、4階小児科病棟の情報ボードには春日部の愛されるキャラクター・クレヨンしんちゃんも使用しております。
 また、クレヨンしんちゃん同様、春日部にしかできない病院という視点から、かすかべ親善大使で漆芸の人間国宝である増村紀一郎氏をはじめ、春日部ゆかりの芸術家の皆さまにご尽力いただき、高度医療を心地よい空間で受けることができるホスピタルアートも随所に施されております。

もちろん、病院事業の根幹である医療設備においても、高度医療機器を最新鋭の機器に更新するなど、地域の拠点病院としての機能充実を図っております。
 医療センターは、これから7月の開院に向け、新規医療機器やコンピューターシステム、家具などの什器備品の設置を行い、機器の設置後は実際の診療に合わせた稼動テストを繰り返し、万全な準備を進める予定です。

また、病床を13床増やして363床、診療科も18から26に増やし、感染症患者や救急患者の受け入れ態勢を強化するとともに、特にがん治療に力をいれ、「地域がん診療連携拠点病院」として、県東部の中核的病院の役割を担います。

これまでも何度か申し上げましたが、素晴らしい施設と体制が整っても心がなければ、せっかくの施設も活きません。
今後とも病院スタッフと一丸となって、市民の皆さまの命と健康を守る拠点として、目標は高く日本一から世界一を目指して、愛され、誇れる病院を目指してまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.