東武アーバンパークライン急行運行

 春日部市民の皆さまにとって重要な交通である東武鉄道は、市のまちづくりに欠かせない大切なパートナーです。

東武鉄道におかれましても、中長期計画において、春日部駅付近連続立体交差事業の推進や東武スカイツリーラインとアーバンパークラインの直通化、新型特急の導入など沿線価値の向上に向けて、様々な施策を展開されており地元自治体として、非常に頼もしく感じております。

この度、より一層の利便性向上に向けて、アーバンパークラインの大宮・春日部間の急行運転が開始されることとなり出発式に参加させていただきました。
 朝7時34分の春日部駅出発、一番列車でのセレモニーでしたが、多くの報道関係者や市民の皆さま、鉄道愛好者の方々が集まられ、期待の高さを実感いたしました。

主催者である東武鉄道の牧野専務からは、同日運行を開始した北海道新幹線はじめ各新幹線が通る大宮駅と、スカイツリーラインが通る春日部駅の間を、これまでより7分短縮した14分で結ぶことで、春日部市の活性化や交流人口の増加に寄与したいという、非常にありがたいお言葉をいただきました。

これらの取り組みにより、利便性向上はもとよりイメージアップにつながり、春日部市のポテンシャルを大きく向上させてくれるものと確信しております。
 これまでの春日部市のまちづくりについては、多くの事業所の皆さま、市民の皆さまのご尽力、ご協力をいただき、間違いなく成果をあげております。

春日部市には、事業所、市民、行政が、それぞれの分野において、発展に向けて突き進み、連携協力していく“チカラ”があることを日々実感しています。

今後、市としても、その“チカラ”をより一層伸ばしていくため、中心市街地の活性化に資する春日部駅付近連続立体交差事業などのハード面と、シティセールス活動やイベントなどのソフト面を充実させ、市民の皆さまが、真に幸せに暮らせる街の実現に向けてまい進していきます。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.