新たなスタートです

 桜も咲き誇り、入学、入園、就職など、希望に満ちあふれたスタートをされた方々も多数いらっしゃることと思います。

春日部市におきましても、平成28年度の市政運営の先頭に立って牽引いただく、新体制が整いました。

新春日部市立医療センターのトップとなる三宅病院事業管理者と、根幹となる医療を取り仕切る山本病院長に辞令交付をさせていただくとともに、国土交通省での知識と経験を生かして行政全般で私を支えサポートしてくれている池貝副市長、全国に誇れる子ども達の育成と健やかな教育環境の実現に向けまい進する植竹(うえたけ)教育長とともに、改めて日本一幸せに暮らせる街の実現に向けて一致団結して進めていくことを決意いたしました。
 また、春日部市の未来をともに創り上げていく人材として、事務職、病院職、消防職などあわせて103人の新規職員を採用させていただきました。

新しいスーツに身を包んだ新規職員を見ていると、これから市民の皆さまのために働く公務員として無限の可能性を感じるとともに、しっかりと育て上げていかなければならないという責任を感じております。

職員には、自ら汗をかき、自ら考え、自ら行動を起こし、私とともに市政発展のために全力を尽くしていこうと話しました。
これから、春日部市を引っ張っていくパワー溢れる職員になってほしいと思います。
 さて、今年は新市施行後10年の歩みを礎として、さらなる飛躍をする年であります。

まずは、先ほど竣工しました新市立病院は7月開院を目指して最新鋭の医療機器を設置し患者さまの受け入れに向けた準備を着々と進めております。

例年年度初めに開催されております、病院職員による全体集会も、今年は新病院の会議室で開催し、新たな職場に足を踏み入れ職員のモチベーションも高まったのではないかと思います。

また、同じく7月には小学校・中学校普通教室662教室で一斉にエアコンが稼働します。その他、防災行政無線のデジタル化や街路灯のLED化、100ミリ安心プランの推進など、あらゆる分野において、さまざまな施策をしっかりと進めてまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.