春日部の賑わい創出に向けて「匠大塚」出店

 春日部の新たな賑わい創出に向けて大きな原動力になるであろう「匠大塚」の出店が決まり、地元春日部の地で記者会見を開催いたしました。

会見には、大塚勝久会長、勝之社長はじめ、「匠大塚」の役員の皆さまもご来訪いただき、中川市議会議長、尾堤商工会議所会頭、庄和商工会小林副会長とともに歓迎と感謝の気持ちをお伝えしました。

あらためて、「匠大塚」の大塚勝久会長、勝之社長、はじめ、関係各位のご尽力、特段のご配慮に心から感謝申し上げます。
 西武春日部店撤退報道の後、市・市議会と春日部商工会議所、庄和商工会はじめ、商業団体の皆さまが一体となり、何らかの形態での商業施設のお願いや、1万3千人を超える多くの市民の皆さまの署名を届けるなど、市全体の課題として力を結集してきました。

この度、このような市民の皆さまはもちろん、商業関係者、行政の切実な想いもあり、春日部にゆかりのある「匠大塚」が出店されるというビッグニュースに、多くの方々が盛り上がったのではないでしょうか。

今後、7月上旬の開店を目指して改装工事等に取り組まれるようですが、1階から5階までを匠大塚の店舗として、あらゆる世代の方にご満足いただける品を揃えるとともに、7階には全国レベルの剣道チームを有する匠大塚による剣道場や飲食店、地下には食料品売り場も検討いただけるということです。

a
 春日部出身の皆さまが、ふるさとからの熱望を受けて出店いただけることは、まさに故郷に錦を飾るという言葉通りであり、そのご決断に地元市長として衷心より敬意を申し上げます。

現在、早くも、匠大塚の開業を知らせる懸垂幕がかかっております。

これから春日部では、ゴールデンウィーク後半のイベントとして、5月3日と5日の大凧あげ祭り、5月4日の大凧マラソン大会において10万人を超える方々にご来訪いただきますので、この大変喜ばしいビッグニュースを伝えていきたいと思います。

また、日本全国を相手に商いを行う「匠大塚」の出店は、春日部市という街自体が数段グレードアップする大きな要因となります。
このチャンスを活かすためにも、地域、商業団体、行政が一体となりタッグを組んでさらなる活性化に取り組んでいきたいと思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.