小児救急夜間診療所開所式

 これまで、春日部市では、子育て日本一を掲げて様々な施策を実現して参りました。
子ども医療費の支給拡大、児童館3館の開館、家庭児童相談の休日開催などの拡充、新保育所建設による待機児童の解消、最近では市内小中学校のエアコン稼働など、将来の宝である子ども達の成長のために、多くの市民の皆さまのご協力をいただきながら一致協力して進めてまいりました。

中でも、安心安全にかかる事業にはスピード感をもって優先的に取り組み、学校耐震化100%の実現やいじめを許さない環境づくりのための条例化、全国的な医師不足などによる小児科や産科の休診については、私も病院スタッフとともに医師確保に向けてトップセールスで交渉し早期に再開することができました。

この度、さらなる安心安全の要となる「小児救急夜間診療所」を市立病院の診療部門から独立させ、新たな体制で7月1日から開業しました。

 「小児救急夜間診療所」はこれまで旧春日部市立病院の敷地内で実施しておりました。
今回の市立医療センターの開院に伴い東側の隣接地に移動し、春日部市医師会の皆さまに運営を引き受けていただくとともに、春日部市薬剤師会の皆さまにもご尽力をいただき新たなスタートをきることとなりました。

これまでも医師会の皆さんには多大なるご協力をいただいておりましたが、実施主体として看護師の採用や運営をお任せできることは、実際に困って来院される市民の皆さまにとりましても、より実情に即した心のこもった体制になるものと、大いなる期待を寄せております。

また、薬剤師会の皆さまにも運営にあたってご尽力いただくとともに、開院まで医師会の皆さまとともに様々なご意見を賜り、機能的な造りとすることができました。
 改めて、春日部市医師会、春日部市薬剤師会の皆さまのご理解、ご協力に感謝申し上げますとともに、困っている子どもと保護者の皆さまのために、通常のご自身の医院での診療が終わった後に当番で夜間診療に対応いただく崇高なお気持ちに心から敬意と感謝を申し上げます。

小児救急夜間診療所は、0歳から中学生までの小児内科系疾患に対応し、月曜日から金曜日の午後7時から10時まで受け付けしております。
診察室は1室から2室に増やすとともに、インフルエンザなどの感染症の方の個室の待合室も2室新設するとともに、2次救急対応のため市立医療センターのER(救急)に直結している処置室を配置しました。

市としましても多くの皆さまにご利用いただくためホームページやSNSで広くお知らせしたところ、通常の記事よりも5倍以上の反響をいただき市民の皆さまの関心の高さを実感しております。

ぜひ、本当に困ったときにはご利用いただければと思います。お待ちしております。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.