連続立体交差事業の埼玉県要望

 春日部市の悲願である、春日部駅付近連続立体交差事業については、複数の開かずの踏み切りの除却による交通渋滞解消や、東西に分断されている地域の一体化による商業やコミュニティの活性化など、未来の春日部市のまちづくりにおいて最重要項目であると考えております。

この度、事業主体であります埼玉県に改めて事業の必要性と現況をお伝えするため、お忙しい中お時間をいただき上田知事に直接お会いして地元の熱意を届けてまいりました。

〔要望の詳細についてはこちら(春日部市ホームページ)〕

 上田知事におかれましても、交通の要衝である春日部駅の連続立体交差事業の必要性については十分にご承知いただいており、早期着工について改めて要望させていただきました。

そのためには埼玉県、東武鉄道、春日部市の主だった3者が、「まちづくり」「事業期間の短縮」「財源確保」について協議調整を進めることが大事であり、これまで同様緊密な話し合いを重ねてまいりたいと思います。

また、市では、各イベントにおいて連続立体化の必要性をPRするとともに、自治会との意見交換なども実施し市民の皆さまのまちづくりへの強い想いを実感しており、ぜひとも早期に実現していきたいと考えております。

 
さらに、事業を進めるためのバックアップとして埼玉県議会ならびに、春日部市議会においても議員連盟を立ち上げていただき、一緒に進めていく体制ができあがりました。
政府においても、開かずの踏み切りの解消促進を進めることを表明しており、今後とも国土交通省からの高い識見に基づく支援にも期待を寄せております。

春日部市では、市民の皆さまの生命を守る新たな砦である市立医療センターや、中央通り線整備事業、匠大塚の進出、今後においては民間による駅西口再開発事業など、駅周辺のまちづくりの実現に向けて一つずつ進めてまいりました。

今後におきましても連続立体交差事業の促進のため、春日部市としては一切手を緩めることなく、埼玉県とともに連携協力して不退転の決意で進めてまいりますので、市民の皆さま、県・市議会議員の皆さま、国ならびに事業者の皆さまにおかれましては、引き続きのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

〔連続立体交差事業の詳細はこちらから(春日部市ホームページ)〕

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.