敬老の日

 9月19日は敬老の日です。
春日部市内では75歳以上の方が28,165人、100歳以上のご長寿の方が57人もいらっしゃいます。

戦後から今の豊かに暮らせる社会を創りあげてきたのは、まさにこの世代の皆さんであり、長年にわたるご尽力に心から敬意と感謝を申し上げます

そのような感謝をお伝えする機会として、市では満88歳・100歳・105歳・110歳の皆さまへの祝い金、ならびに100歳以上の方々には記念品を贈呈しており、代表の4名の方に私が直接訪問してまいりました。

 お会いした方々は皆さま100歳以上のご長寿の方々でしたが、本当にお元気でイキイキとされており、こちらが元気をいただきました。

お話ししてみると、皆さま日々の生活の中で生きがいを見出されるとともに、周囲への感謝の念をもたれており、これまでの素晴らしい人生を垣間見ることができたように思います。

〔長寿者訪問の詳細はこちらから〕

 また、この他にも市では75歳以上の方を対象として社会福祉協議会とともに敬老会を開催しており、今年は昨年よりも千人以上多く3,448名の方々にご来場いただきました。

敬老会は、毎年、工夫を重ねており、今年は春日部市文化連合会による地域芸能や、地元の子ども達からの感謝をお伝えする中学生の吹奏楽、小学生の敬老祝いの絵画、保育所児童からのメッセージに加えて、春日部高校出身の三遊亭楽生さんの落語、春日部在住で日本一に輝いた村上良作さんの民謡など盛りだくさんとなりました。

今後におきましても、ご長寿を迎えられた皆さまへの感謝とお祝いをお伝えする機会としてはもちろん、会場に足を運び、ご近所さん同士のふれあいのきっかけとなるような敬老会としてまいります。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.