全国市長会社会文教委員会
市長として春日部市の発展に向けて、現場主義を貫き、日々公務にまい進しておりますが、時によって時間がなく市民の皆さまとお話しする機会が短くなってしまうことを残念に思っております。

現在取り組んでおります公務は、市内での会合や行事への出席のほかに、国や県、関連企業への要望活動や、国・県の動向を把握するための会議出席など広範にわたります。

その中でも市長会の会議については、他市の首長との意見交換や新たな情報が得られる貴重な機会であり、現在は埼玉県市長会の理事として役員会議などに出席するとともに全国市長会関東支部では評議員として、全国市長会では評議員として参画しております。

また、全国市長会では委員会も構成されており、私の所属する教育関係、福祉関係を所管する「社会文教委員会」に先日出席してまいりました。
全国市長会社会文教委員会は、香川県高松市長を委員長として76名で運営されており、今回の委員会においても全国から40名ほどの首長が集まりました。

委員会では、文部科学省、厚生労働省の局長クラスの皆さんにご出席いただき、それぞれの考え、事業の取り組みの目的や手法などについてお話しいただきました。

住民に直接に接している地方自治体の長としては、時に机上の理論で現場のことをわかっていないのではないかという気持ちから意見具申も相当に出ましたが、このような機会を通じて少しでも国の中枢を担う方々に現場の声を届けたいと思います。
なかなか市内での重要な公務もあり出席できないこともありますが、私達現場の人間の声は、ひいては住民の皆さんの声の代弁であるとの認識をもって取り組んでいきたいと考えております。

今後におきましても国の方針に対して常に現場目線で、住民にとって真に有意義なことは何なのか考えながら、市長会などを通じて提言・要望を重ねてまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.