年末年始の特別警戒
今年は11月に54年ぶりの初雪を観測するなど季節が早く感じます。暦の上でも12月となり師走の気ぜわしい時期となりました。

綺麗に年を締めて、新たな気持ちで新年を迎えたいという古くからの日本人の感覚は大切にしていきたいと思いますが、一方で、うっかりミスや交通事故などを引き起こしやすくもなります。

統計的に見ても、12月は事故件数が年間で最も多い時期でもありますので、どうか、一呼吸いれて落ち着いて運転していただければと思います。
春日部警察署においても、このような傾向を背景として12月1日から来年1月3日まで、毎年、年末年始特別警戒取締りを実施しております。

交通事故に限らず、この時期は強盗や侵入、ひったくりなどの重要窃盗、子どもや女性への声かけ事件やわいせつなどの犯罪行為、少年非行の防止など、幅広く注意すべき事件があり、警察に限らず地域防犯推進委員の皆さん、交通指導員の皆さんなど、多くの協力団体の皆さまのお力が必要になってまいります。

寒い中ではありますが見回り活動などを実施していただいており、各関係協力団体の皆さまには、心から敬意と感謝を申し上げるとともに、ひとつでも犯罪を無くしていくために、引き続きご尽力をお願い申し上げます。
また、春日部で特に重点的に取り組まなければならない犯罪が振込め詐欺です。
11月28日現在、被害件数は37件、被害総額は約7,600万円もあり、うち還付金詐欺14件は県内ワースト1位という不名誉な状況にあります。

市においてもポスターを掲示したり、詐欺事件の電話があったことを認知すると安心安全メールや防災無線で呼びかけし注意喚起しておりますが、なかなか撲滅できない状況にあります。

市職員など行政職員が電話で還付金について話し、振込みをさせるということは絶対にありません!
オレオレ詐欺も同様ですが、自分だけは大丈夫と思っていても、巧妙な語り口で騙されてしまうのが事実です。
どうか一呼吸いれていただき冷静になるとともに、少しでもおかしいと思えば、まずは家族に相談、ご近所さんや市役所職員でも構いませんので、ぜひ相談してみてください。

一人ひとりの注意喚起の積み重ねが、春日部から事故や犯罪を無くしていく一歩だと考えております。
どうか、改めて皆さまにおかれましても他人事ではなく、いつ自分や家族、ご近所さんが事件事故に巻き込まれるかもしれないという認識をお持ちいただき事故防止や犯罪撲滅に向けてご協力を賜りますようお願い申し上げます。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.