日本語による外国人スピーチコンテスト
春日部市内には3,365人の海外から居住いただいている方々がおられます。
職を持たれている方々、留学で勉学に励んでいる方々など72カ国からご来訪いただき、市としても交流の観点から様々な支援をしております。

また、支援の先頭に立って国際交流を率先垂範していただいているのが国際交流協会(KIFA)の皆さま方で、オーストラリア・フレーザーコースト市との姉妹都市交流などをはじめ、多くの事業に積極的に取り組んでいただきました。

その事業の一つとして、今年もKIFAの皆さまと共催で「外国人による日本語スピーチコンテスト」が開催され、中国やインドネシア、ベトナムなど6カ国から11名をお迎えして盛大に開催されました。
「外国人による日本語スピーチコンテスト」は平成8年から21回目を迎える事業で、KIFAの主な事業である「外国人のための日本語教室」の参加者の皆さまなどが成果を発表する機会となっております。

私も公務の都合上、中々すべてを聴くことはできないのですが、スピーチを拝聴しておりますと日本人にとって当たり前と考えていることが、実は海外の方々からは素晴らしいことであったり、また奇異に映ったりと気づかされることが多々ある非常に貴重な機会であります。

昨今のテレビ番組でも海外から日本に訪問いただいた方々の声をとりあげることが多いように思いますが、改めて日本の良さを実感する、日本人にとって大切なことを気づかせてくれるということに価値を見出しているからだと思います。
最近のそのような風潮よりも古くから、長きに渡って交流を図り、外国人との異文化交流はもちろん、外国人の視点を通して改めて日本の素晴らしさなどを見出すスピーチコンテストを共催いただいているKIFAの皆さまには心から敬意と感謝を申し上げます。

春日部市では、KIFAの皆さまのご理解、ご協力をいただきながら、市民の皆さまの国際理解の向上や多文化共生に向けた事業を行っております。
平成26年度に締結したオーストラリア・フレーザーコースト市との姉妹都市協定や、フレーザーコースト市にあるセントジェームズ校との相互ホームステイ交流、また、アメリカのパサディナ市との友好都市協定、外国人支援のためのかすかべガイドマップ多言語版の作成や通訳支援など、多数の事業に取り組んでおります。

市内では、海外の方々をお見かけする機会も、また多様な本場の外国料理を出す飲食店も増えるなど、国際化が一昔と比べても随分進展してきました。

クレヨンしんちゃんなど春日部の資産を活かしたインバウンドによる外国人旅行者の呼び込みや、これからの春日部を担う若い世代を国際感覚豊かな人材として育成するためにも、引き続き、春日部市を一層グローバル化していきたいと考えております。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.