子育てふれあい公園リニューアル事業
平成24年度よりはじまった子育てふれあい公園リニューアル事業も4年目を迎え、この度8ヶ所目となる「豊町第4公園」のリニューアルが終了し、完成式典を開催しました。

この事業は、900u以上で美化協定を結び、地域においてもしっかりと運営管理されている公園を、子育て世代を中心に子どもから高齢者までの幅広い世代にとって新たな地域の憩いと交流の場とするものです。

これまでもトイレや出入口などのバリアフリー化、休憩施設・遊具の更新、複合遊具・園路の設置、どこからでも見通しの良いように樹木の剪定などをおこない、地域の皆さまからは大いに評価をいただいております。
そして何よりもこの事業の一番の特徴は、自治会をはじめとした地域の皆さまの声を可能な限り反映して、実情に即した施設を目指していることです。

今回の豊町第4公園は、昭和61年に開設された公園で、供用開始から30年が経過しており、全体的な老朽化は否めませんでした。
リニューアルにあたり、実際の利用者である地元の豊町自治会の皆様との意見交換会やアンケート調査などでニーズを把握し、結果、「子どもからお年寄りまで安心・安全に利用できる」、「再利用ができるものは修復して再利用する」というポイントに基づき整備をいたしました。

石島会長はじめ、自治会の皆様には公園の整備計画策定にあたり積極的かつ建設的なご意見をいただき、誠にありがとうございました。
この公園で、毎年大きな櫓を組んで盛大な夏祭りをしている豊町自治会の皆さまであれば、公園をより効果的に利用し活発なコミュニティを形成してくれるものと期待しております。
ふれあい公園リニューアル事業での8公園のほかに、昨年は地元の皆さまから長年にわたり要望をいただいておりました大枝公園を竣工いたしました。
さらに、国内でも大変珍しい川の上の公園である古利根公園橋もライトアップするなど、人が集い、憩いの場となる公園づくりに向けて様々な趣向をこらして事業を展開しております。

また、市民の皆さんと一緒に公園を育み支えあい、愛される公園づくりに向けて、遊具、ベンチ、プランターなどの施設の寄附を募集する「公園はぐくみサポート事業」を実施しており、現在累計で8公園にベンチ20基、約460万円分のご寄付をいただいております。
なお、寄附をいただいた公園施設には、寄附をいただいた方のお名前や思いなどのメッセージを刻んだ記念プレートを取り付けております。

このように多くの皆さまにご寄付いただけることは、公園が普段から私たちの生活に密着しているとともに、自分が育ってきた想いがこもっていることのあらわれだと思います。

今後も、子育て世代の方はもちろん、子どもから高齢者まで、多くの皆様が日常的に集い、
地域の拠点となるような公園づくりを進めてまいりますので、皆様の一層のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

《公園はぐくみサポート事業はこちら(春日部市公式HPより)》

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.