親子サイエンスショー〜科学を使って冒険しよう!
春日部の教育は、学校だけに限らず地域の皆さまによって支えられております。
各校の地域の皆さまで構成される学校評議員や民生児童委員、見守り隊、PTAはじめ、全市的に活動されている青少年育成団体なども児童生徒の成長を見守っていただいている代表ともいえる方々です。

その活動の一つとして、先日、青少年育成春日部市民会議、春日部市青少年育成推進員協議会、春日部市PTA連合会、春日部法人会春日部支部との連携活動事業である「親子サイエンスショー〜科学を使って冒険しよう!」が開催され、定員を大幅に超える666名の皆さまにお集まりいただき盛大に開催いたしました。
サイエンスショーは今年で4年目となり、例年、東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCASTの皆さんにお願いしております。
その名のとおり東京大学の現役学生の皆さんが科学や理解に対する興味や関心を高めるために活動されており、テレビでお馴染みの米村でんじろう氏のように楽しく教えてくれる講演で、大変に好評をいただいております。

活動は主に都内が多いようですが、春日部の子ども達のために、休日の遠いところ、10名近くでご来訪いただき誠にありがたいことです
理科離れともいわれることもありますが、日本最高峰の学府で学ぶ先輩から実験をしながら解りやすく教えられると、きっと新たな体験に心躍ることもあると思います。

このような講演の積み重ねが、もしかしたら春日部から世界に活躍するノーベル賞科学者を輩出するかもしれないと考えると、私はもちろん主催者の皆さまも心湧き立つものがあるのではないでしょうか。

春日部の児童生徒の活躍は、先日も「活躍する春日部の子ども達2017」と題した表敬訪問でもご紹介しましたが、全国大会において21校の皆さんが97の素晴らしい成績をおさめております。

加えて、春日部では特色ある学校教育を進めるため教育委員会で研究委嘱モデル校を選定し、八木崎小学校の理科教育や粕壁小学校の英語教育、立野小・大増中の小中一貫校、学校給食を通じた食育など25校に様々な取組みと研究を突き進めてもらっています。

このような熱意ある学校の取組みが、PTAにもご理解、協力いただくことで、最近話題の粕壁小学校のCMのように英語をつかって学校紹介するなど面白い取組みが生まれてくるものと考えております。

《粕壁小ホームページはこちらから》

今後におきましても、学校、保護者、地域が三位一体となって、春日部の宝であり、未来あふれる子ども達のために突き進んでまいりたいと考えております。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.