第36回春日部藤まつり
春日部市の春を彩る「第36回春日部藤まつり」が、春日部駅西口の約1.1キロに及ぶちょうどこれから見ごろを迎える藤棚の下で、盛大に開催されました。
この藤まつりは、多くの関係者がつながり、一丸となって作り上げている春日部市を代表するお祭りです。36回もの長きにわたり、ご尽力をいただいておりますコミュニティ推進協議会をはじめとする、多くの協力事業所、団体の皆様に心から感謝を申し上げます。

当日は晴天に恵まれ、約19万人の方々に咲き誇るフジの花はもちろん、パレードやよさこいソーランなどのイベントを大いに楽しんでいただきました。
春日部の春のイベントはまだ始まったばかりです。これから、5月3日、5日の大凧あげ祭り、5月4日の大凧マラソン大会と恒例のイベントが続きます。
大凧あげ祭りは、縦15m×横11m、800kgの大凧が、大勢の揚げ手の熱意と薫風を受けて舞い上がり、他では得られない迫力と、爽快感に満ちています。
また、大凧マラソン大会は、今年もゲストランナーとして、かすかべ親善大使で気象予報士の平井信行さんをお迎えし、9,783人のエントリーをいただき、盛大に開催されます。このマラソン大会は、県内でもトップクラスのエントリー数を誇り、運営にあたっても、市民、学生、企業などの協力を得て、ランナーをあたたかくお迎えし、応援することから、ランナーからも非常に好評を得ている大会です。
GWイベントとしてすっかり定着した両イベントは庄和地域において連日開催されます。
おもてなしの精神と春日部グルメにあふれた、心も体も満足できるイベントとなっておりますので、ぜひともご来場いただき、春日部の市民パワーを実感いただければと思います。
《大凧あげ祭りの詳細はこちらから》

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.