ラオス人民民主共和国首相が春日部市を訪問
東南アジアのインドシナ半島に位置するラオス人民民主共和国のトンルン・シースリット首相が政府要人とともに春日部市を訪問していただきました。
今回の首相訪問は埼玉ラオス友好協会の名誉会長を務めている土屋品子衆議院議員のお計らいにより実現し、一行には春日部駅東口にある羽子板のさか田さんの展示場「匠一好」で、春日部市の伝統的手工芸で特産品の押絵羽子板の魅力と伝統の技を堪能していただきました。
トンルン・シースリット首相には、先日も大きな話題となりましたサトーココノカドーによるクレヨンしんちゃんネクタイ(春日部市オリジナル桐箱入り)と春日部の凧をプレゼントし、春日部市には押絵羽子板のほか、桐たんす、桐箱、麦わら帽子など、昔から数多くの伝統的手工芸品が特産品になっており、大凧あげも伝統文化の一つであることを説明させていただきました。
海外の賓客にこうして春日部市の伝統文化に触れていただくことは、春日部市の魅力を世界に発信することにつながります。今後も多くの皆様のご協力をいただきながら、国際的な友好関係を更に深めてまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.