「内牧黒沼公園のハス」が見ごろを迎えます


 内牧公園と隣接している内牧黒沼公園の5,700平方メートルに渡る蓮池では、これから7月末にかけて約1,400本のハスが見ごろを迎えます。ハスは朝早くから咲き始め、午後には花を閉じてしまいますが、一面に咲き誇るピンクと白の神秘的な光景を写真におさめる方やランニング中に足をとめて見入る方で賑わいます。私も毎年、この時期には開花の状況を見るためにこの公園を訪れますが、きめ細やかな管理のかいもあり、年々、花が大きくなっており、今年も見ごたえがありますので、ぜひ、多くの皆さまにご覧いただきたいと思います。

≪内牧黒沼公園の詳細についてはこちらから≫




毎年、ふるさと春日部の地にホタルを自然回帰させることを目的に、25年前から強い信念をもってホタルを育てている「春日部ホタルを育てる会」の主催により、蓮池の脇のホタル小屋で鑑賞会が開催されており、今年は7月9日(日)に予定されております。ホタル小屋では、会員の皆さまにより大切に育てられた平家ホタルが元気に飛び交い、暗がりの中で幻想的な光を放ち、私達を魅了してくれます。
この他にも、ホタルを育てる会の皆さまのご尽力により、今年は7月14日(金)・15日(土)の午後7時30分〜午後9時に、ふれあいキューブ4階の市民活動センターにて、7月11日(火)には、昨年7月に開院した「春日部市立医療センター」において、入院患者さんを対象に初めて鑑賞会を開催する予定になっておりますので、ぜひ多くの皆さまにご覧いただきたいと思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.