首都圏外郭放水路利活用懇談会
春日部市はもちろん、我が国が誇る世界最大級の地下河川として知られる「首都圏外郭放水路」には、外国人も含めて年間約35,000人もの見学者が訪れます。この首都圏外郭放水路を単なる洪水対策の公的施設に留まらず、春日部市の観光の呼び水として、更なる利活用が図られるよう検討することを目的とする「首都圏外郭放水路懇談会」が開催されました。
大学教授をはじめとする有識者メンバーからは、様々な視点からの大胆なアイデアや意見が出され、今後はより具体的に検討していくこととなり、将来の発展に大変期待が持てる会となりました。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定です。今後もこの検討会議を通して、春日部市の観光資源としっかりとコラボさせながら、インバウンドを含めた交流人口の増加、地域経済の発展につなげていきたいと思います。


私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.