芸術の秋に「響き合う空間展」を開催
11月9日から匠大塚春日部本店(大塚勝久会長)にて「響き合う空間展」が開催されております。
この催しは昨年開院した市立医療センターをはじめ市内の各所に作品がある春日部市ゆかりの日本を代表する芸術家の皆さん(漆芸における人間国宝でかすかべ親善大使の増村紀一郎氏、フレスコ画家で市教育委員の金森良泰氏、彫刻家の加藤豊氏、伊藤正人氏、清水啓一郎氏)による大変価値のある素晴らしい作品が、店内の高級家具とマッチングされて展示されており、匠の技による家具と芸術が心地よく響き合い、通常の作品展とは全く違う魅力がありました。

春日部市は桐たんすや押絵羽子板の有数の産地として、また、最近では、彫刻のあるまちとして、全国に名が知れた、まさに「匠の技」を育んできたまちです。その伝統を受け継いで、この度このような素晴らしい空間展が開催されたことは、何よりの喜びであり、春日部の誇りです。空間展を開催された匠大塚の大塚会長をはじめ、芸術家の先生方に心から感謝を申し上げます。

「響き合う空間展」は、12月11日(月)まで開催されておりますので、ぜひ多くの皆様にご覧いただきたいと思います。そして、鑑賞後は、市内の彫刻めぐりをしていただければ、春日部の良さを更に満喫していただけると思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.