春日部駅付近連続立体交差事業・国要望
先日の東埼玉道路の国要望に続き、今回は春日部市の悲願でもある春日部駅付近連続立体交差事業の早期着工と事業と一体となったまちづくりの推進に対する支援について、国土交通省と自由民主党に地元選出の土屋品子代議士にご尽力をいただき、要望活動を行ってまいりました。

この事業の事業主体は埼玉県ですが、今年7月に実施した埼玉県知事への要望活動におきましても、上田知事から「県東部地域の発展に欠かせない事業なので、事業の見通しを早く示し、できるだけ早期に完成させたい」との力強いお言葉をいただいており、今回の要望活動においても、高橋克法国土交通大臣政務官から「この事業については、国交省としても特に優先すべき事業としている」という大変心強いお言葉を頂戴し、大きな後押しをいただきました。


この事業については、昨年度に東武鉄道から春日部駅のホームを4面8線構造とする輸送改善計画が提示され、県東部地域最大のターミナル駅の実現のため、現在は埼玉県、東武鉄道、春日部市との三者協議を何度も開催しており、早期実現に向けて着実に前進しております。
今後も事業の早期着工、完成のため、多くの皆様のご尽力を賜りながら、しっかりと取り組んでまいります。

[連続立体交差事業の詳細はこちらから]

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.