粕壁エイサーまつり2018
 汗ばむほどの陽気の中、さらに熱く粕壁エイサーまつりが今年も盛大に開催されました。まつりの実行委員会の皆様をはじめ、多くの関係団体の皆様のご尽力により、粕壁エイサーまつりも今年で13回目を迎えることができました。
市内はもとより、市外、県外からも多くの皆様にご来場いただき、春日部の中心市街地を盛り上げるこのまつりは、6月2日、3日の両日で13,000人を超える来場があり、回を追うごとに賑わいを増しております。
 また、春日部市の「粕壁エイサー」、越谷市の「南越谷阿波踊り」、草加市の「よさこい」の3つが一堂に会する「埼玉東部三大演舞会」が今年も同時開催され、まつりを盛り上げました。お互いに他の地方の舞踊の文化を取り入れて、不思議な縁で結ばれたこの交流をこれからも長く続けていければと思っています。
本会場となりました、ふれあいキューブ多目的ホールをはじめ、野外にもたくさんのお店が立ち並び、本当に沖縄の観光地に来ているかのような雰囲気のなか、多くの皆様が、沖縄の特産品やグルメを堪能していました。
 エイサーを通じた沖縄との小さな交流から始まり、粕壁エイサーまつりは、今や春日部を代表するイベントの一つにまで成長しました。これも実行委員会の皆様、協賛、協力、後援いただきました多くの皆様、そして何より、毎年開催を楽しみにしていただいている皆様あってこそと、厚く感謝申し上げます。
今後もここまで発展した沖縄との文化交流の輪をさらに広げ、深められるよう、市としても関係者の皆様のご協力を賜りながら、努力してまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.