東埼玉道路建設促進期成同盟会国要望
 今年も東埼玉道路の建設促進について、事業の沿線自治体で構成する東埼玉道路建設促進期成同盟会の皆様とともに、国会議員、国土交通省、財務省に対して、事業の着実な推進を求めて要望活動を実施しました。
東埼玉道路は重要物流道路として、沿線地域の発展はもとより、経済活動の活性化に寄与するとともに、慢性的な渋滞の緩和、さらには災害時の緊急輸送路として安全で円滑な交通体系を確保できる埼玉県東部地域、ひいては埼玉県全体の発展にとって欠かすことのできない大きな事業です。
 この地域沿線に多大なる効果をもたらす東埼玉道路の建設は、現在は吉川市川藤から春日部市水角(国道4号バイパス)までの約8.7キロメートルの区間について、用地買収が着々と進められ、春日部市内においても、現在は一部区間において改良工事が実施されております。
 今回は国土交通省の大塚高司副大臣、財務省のうえの賢一郎副大臣をはじめ、国土交通省の森昌文事務次官や池田豊人道路局長など、多くの皆様に直接お会いし、事業の重要性を説明してまいりましたが、お会いしたすべての皆様が、事業効果を数値化する費用便益比(B/C)が4.9という高い数値を示していることが、この事業の必要性、重要性そのもので、今後もしっかりと事業を推進していかなければならないという趣旨の力強いお言葉をいただきました。
今後もこの事業に関係する多くの皆様と一丸となって、事業の早期完成に向けて、積極的に取り組んでまいります。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.