豪州の若手議員が首都圏外郭放水路を視察
 春日部市が全国に誇る世界最大級の地下施設「首都圏外郭放水路」を視察するため、オーストラリアから3人の若手政治家と事務局の方が春日部市にお出でになりました。
今回の視察は、日豪両国の政府がお互いの若手政治家を人的交流と相互理解を深めることを目的とした交流プログラムによるもので、全国のあらゆる施設の中から、春日部市にある「首都圏外郭放水路」が視察先に選定されたものです。
 春日部市はオーストラリア・フレーザーコースト市と姉妹都市になっており、市内中学、高校の学生をはじめとした交流が盛んであり、私も一度、フレーザーコースト市を訪問しております。また、今年の4月19日には、オーストラリアを舞台としたクレヨンしんちゃんの映画も放映される予定もあり、オーストラリアは非常に春日部市と縁のある国です。
 外郭放水路に到着した一行に、春日部市の特産品である「押絵羽子板」や「桐箱入りのクレヨンしんちゃんネクタイ」を記念品としてプレゼントさせていただいたところ、大変興味を示していただき、喜んでいただきました。また、視察では巨大治水施設を目の当たりにし、その巨大さに驚きながら、熱心に質問をしていました。
 私からもこの首都圏外郭放水路が完成したことにより、市内はもちろん、多くの地域の浸水被害が軽減され、マンション建設や企業誘致、観光などのストック効果も多大であることを説明し、同じ政治家として、このような将来を見据えた施設建設、整備の重要性について話をさせていただきました。
 首都圏外郭放水路は、国の進めるインフラ観光の柱の一つとして、昨年から観光資源化を図るため、「民間運営見学システム」による社会実験を開始しており、見学者は昨年同時期と比較して約3.7倍の35,000人に増加しております。更なる魅力創出を図る施設リニューアル工事により休止していた見学コースも、より一層の深化を遂げ、3月23日(土)から新たに始まりますので、ぜひ、多くの皆様にお越しいただき、施設の魅力を体感していただきたいと思います。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.