令和初イベント 春日部大凧あげ祭り
 穏やかな好天の中、江戸時代から続く伝統行事「春日部大凧あげ祭り」が5月3日、5日の2日間で過去最高の13万8千人の観客が見守る中、盛大に開催されました。
今年は新時代の幕開けを祝うため、「令和」、「元年」と描かれた縦15メートル、横11メートル、重さ800キロの100畳敷きの大凧が両日とも見事に大空に舞い上がりました。
私も両日ともこの記念すべき大凧を大空に舞い上げるため、100人を超える引き手の皆様とともに、心を一つにしてチャレンジし、両日とも見事に大凧を飛揚させることができ、春日部市が新たな時代に際して最高のスタートが切れ、日本全国に春日部市の元気を発信することができたことを大変うれしく思います。
△ 上若組の皆様との記念撮影

△ 下若組の皆様との記念撮影

 これもひとえに庄和大凧文化保存会の皆様をはじめ、大凧ヘッドマーク入りの電車の運行やスカイツリー全国観光PRコーナーでのイベント周知にご協力をいただきました東武鉄道、並びに朝日自動車、国土交通省など、多くの関係者の皆様のご協力の賜物であり、祭りを大成功に導いていただきました皆様に心より感謝を申し上げます。

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.