平成27年度 施政方針
平成27年度施政方針(主な取り組み)

全文はこちら

【はじめに】


 私は、新・春日部市誕生による初代市長に就任以来、9年間、市民の一体感の醸成と地域の活性化を図るため、さまざまな重要課題に多くの皆様のご協力を得ながら全力で取り組んでまいりました。

今まさに、全身全霊をかけて取り組んできた一つひとつの成果を実感するとともに、今後、春日部市がさらに大きく成長するための土台ができたと感じております。
しかし、春日部市のさらなる発展のためには、まだまだやり遂げなければならない課題が山積しております。
これらの課題に真正面から立ち向かい、克服してこそ、春日部市民の願いである「日本一幸せに暮らせる街」の実現が見えてくるものと考えております。

そのためには、春日部市総合振興計画後期基本計画に掲げた70の施策の着実な実現のため、しっかりと未来を見据えた事業の展開を精力的に推進し、本市が持つ多くのポテンシャルをさらに引き出していかなければなりません。

今後においても、市民の皆様の負託に応えるべく、議員の皆様をはじめ、多くの方々と議論を重ね、英知を結集し、創意工夫を凝らしながら、引き続き「現場主義」を基本姿勢として、効果的かつ効率的な行財政運営を行い、市民生活を支える行政サービスを将来にわたって安定的に提供できるよう、全力を傾けてまいります。

また、今年は、新・春日部市制施行10周年の記念すべき年であります。
これまでの本市の成長は、多くの皆様のご尽力、ご活躍があったからこそであると深く敬意を表し、心より感謝申し上げる次第です。

この10周年という節目の年を多くの皆様と共有しながら、平成27年度はさまざまな記念事業を市民の皆様と一緒に展開してまいりたいと考えております。
そして、この10年という時間だけでは計り知れない歴史の重みの上に今日の春日部市があることを再認識しながら、さらなるグレードアップを目指し、市民の皆様が誇りと愛着を持てるまちづくりに向けて、果敢にチャレンジをしてまいります。


【市政運営にあたって】

 私は、これまでも持続可能な都市を目指して、一貫して行財政改革に取り組むとともに、「かすかべ音楽祭」をはじめとした音楽のまちづくりなど、地域価値を高める、魅力あるまちづくりを進めてまいりましたが、今後も改革を断行し、社会経済状況の変化に的確に対応しながら市政運営に取り組んでまいりたいと考えております。

例えば、人口減少対策に対しましては、春日部市に住んでもらえる、あるいは訪れてもらえる、また企業の皆様にも来てもらえる、「選ばれるまち」を目指してシティセールスや広報の戦略的な発信が必要となります。
春日部市の良さや強みを生かしたシティセールスを推進し、さまざまな人口増加策の事業を絡めながら、市の魅力の創出や向上により一層、力を入れていかなければならないと肌で感じております。

また、小中学校の普通教室等へのエアコン設置の対応につきましては、平成28年7月の稼動を目途に、財源の確保と予算の平準化の双方を実現できる手法であるPFI方式により実施することを、昨年決断いたしました。

今後におきましても、本市の基本構想に定めた将来像に向かって、しっかりと事業を推進するため、歳入の根幹である市税をはじめとした自主財源の確保に力を入れてまいります。また、事業実施にあたりましては、将来の世代に重い負担を強いることのないよう、有利な財源の確保とサービス水準の向上に努めてまいりたいと考えております。
そのためにも、市民の皆様、並びに議員の皆様のご意見に真摯に耳を傾けながら、職員と気持ちを一つにして、さらなるチャレンジをしてまいります。





[基本目標1 保健・医療・福祉分野(やすらぎの施策)]


「子どもの健やかな成長の支援」


○子育てに関するサービスの概要や、幼稚園・保育所、医療機関など、施設の一覧を持ち運びしやすい大きさで、わかりやすく掲載した「子育て支援マップ」を作成します


「仕事と子育ての両立支援」

○武里南保育所や民間保育所2か所の新規オープンによる入所定員の拡充と保育サービスの充実

○定員の適正化と保育環境の改善を図るため、立野・内牧などの放課後児童クラブを整備

「生活保護と自立の支援」

○生活困窮者相談支援員の配置や住宅確保給付金の支給、学習援助事業など、きめ細かな支援を実施


「介護サービスの充実」

○「第6期高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画」に基づき、介護保険事業を円滑に実施


「高齢者の生きがいづくりの推進」

○多年にわたり社会に尽くしてきた高齢者を敬愛し、謝意を表すため、敬老会の来場者へ「かすかべフードセレクション」のミニセットを記念品として贈呈


「障がい者の自立と生活支援」及び「障がい者の社会参加の促進」

○「第4期春日部市障害福祉計画」に基づき、各施策を円滑に実施

○障がいのある児童が集団生活に適応できるように、新たにふじ学園の支援員が保育所等を訪問して専門的な支援を実施


「病気の予防と早期対策の充実」

○高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンの定期接種者のほかに70歳以上の方を対象に予防接種費用の一部を助成

○骨髄移植を推進するため、骨髄及び末梢血幹細胞の提供者に対し、提供に要した日数に応じて助成金を交付

○モバイルシステムを活用し、子ども向け予防接種のスケジュールや健康診査、感染症等の健康情報を効果的に発信


「市立病院の再整備と医療サービスの充実」

○新市立病院の完成に向けて、引き続き本体工事のほか立体駐車場及び外構工事などの整備



[基本目標2 生活・環境分野(あんしんの施策)]


「環境保全・創造の推進」及び「災害に強いまちづくりの推進」

○避難所の粕壁小学校において、災害時等の非常時に必要なエネルギーを確保するために、太陽光発電設備と蓄電池を設置


「ごみ減量・資源化の推進」

○老朽化したし尿処理施設に代わる新たな汚泥再生処理センターの建設工事を進めるとともに、更新時期を迎えたごみ焼却施設の長寿命化計画を策定


「犯罪抑止のまちづくりの推進」

○地域の防犯力の強化を図るため、北春日部駅及び武里駅東口周辺に防犯カメラを設置○振り込め詐欺の撲滅に向けて埼玉県や埼玉県警察と連携し取り組む


「交通安全対策の推進」

○生活道路における歩行者等の安全な通行を確保するため、藤塚地内にゾーン30の区域を定め、時速30キロの速度規制と警戒標示等を整備


「災害に強いまちづくりの推進」及び「地域の防災力の確立」

○共助の要である自主防災組織との連携を強化し、防災意識の啓発や訓練に、地震体験車「ゆらりん」を最大限活用し、地域の絆を深めていく

○災害時に必要な情報を確実に伝達するため、防災行政無線のデジタル化を進める


「消防・救急体制の充実・強化」

○消防救急デジタル無線の試験運用を開始

○防災拠点としての機能を発揮できるよう庄和消防署の耐震補強工事を実施





[基本目標3 都市基盤分野(にぎわいの施策)]


「計画的な土地利用の推進」


○本市が今後も持続的に発展し続けるため、 長期的な視野に立ちまちづくりの方向性を示す「立地適正化計画」の策定を目指して、都市構造の課題や分析調査を実施


「魅力ある中心市街地の創出」

○春日部駅付近連続立体交差事業と一体となったまちづくりを推進

○市役所通りの車道と会之堀川の水路拡幅工事に伴う自転車歩行者道を一体的に整備

○古利根公園橋をライトアップし、まちの賑わいに彩を添える


「円滑に移動できる幹線道路の整備」

○春日部駅東口へのアクセス向上と中心市街地の活性化及びにぎわいの創出を図るため、中央通り線の国道16号から県道春日部久喜線間の開通に向けて整備


「便利に利用できる公共交通の充実」

○現在策定を進めている「第三次春バス運行計画」に基づき、平成28年度からの新ルートの運行に向けて準備を進る


「緑の保全と公園の整備充実」

○大枝公園の施設整備工事を進めていくとともに、市民との協働による公園づくりと維持管理を積極的に推進


「総合的な治水対策の推進」

○近年、頻繁に発生している台風やゲリラ豪雨などへの対策として、「準用河川安之堀川河川基本計画」を策定

○浸水被害軽減策の検討や水路改修を推進

○ポンプ場での安定的な排水を行うため、公共下水道の雨水事業により、施設の改修などに取り組む


「自然に親しめる水辺づくり」

○「川のまるごと再生プロジェクト」の中で市が取り組む事業としている「川の駅」の整備について薬師沼親水公園に多機能トイレや休憩施設などを設置






[基本目標4 教育・文化分野(はぐくみの施策)]



「元気な学校づくりの推進」


○地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正を踏まえ、新たな教育委員会体制を構築し、充実した教育行政の運営を図る


「魅力ある教育環境づくりの推進」

○「こころのサポートチーム」におけるスクールソーシャルワーカーを増員し、より一層学校訪問を充実し、いじめや不登校など、学校生活の不安や悩みの解消につなげる


「安心・安全な学校づくりの推進」

○中学校校舎の耐震補強工事を進め、平成27年度末の耐震化率は100パーセントを達成

○小中学校の体育館について、吊り天井などの非構造部材の耐震対策を実施

○小中学校普通教室等へのエアコン整備をPFI方式で着手


「青少年教育の推進」及び「青少年を支える体制づくり」
○地域で子どもを育てる環境をつくるため、地域の方々と連携・協働し、放課後子ども教室の拡充を図る

○いじめ防止基本方針を策定し、市民の皆様とともに「いじめは絶対に許さない」という意識を培い、いじめの根絶に向けて全力で取り組む


「社会教育活動拠点の充実」

○中央図書館及び武里図書館の開館日、開館時間の拡大を図り、市民サービスの向上に努める


「生涯学習の振興」

○生涯学習パスポート「はるがく帳」の表紙デザインを公募し、リニューアルを図るとともに、生涯を通じた学びの意欲を醸成


「スポーツ・レクリエーション活動の充実」

○第27回春日部大凧マラソン大会を「新・春日部市施行10周年記念大会」として、多くの市民ボランティアの皆様にご協力をいただき、創意工夫のもと実施


「文化財・伝統文化の保存・継承」

○後世に歴史文化を継承するため、市域全体の歴史や文化を分かりやすく図や写真で記録した「新編 図録 春日部の歴史」を刊行





[基本目標5 産業・経済分野(ゆたかさの施策)]
 

「農業の生産・経営基盤の確立」及び「地域の農業振興と消費拡大」

○地域が抱える人と農地の問題を解決していくため、人・農地プランの作成及び見直し○需要の動向に応じた農産物の安定供給と効率的かつ安定した農業経営を図るため、「農業振興地域整備計画」に関する調査を実施


「中心市街地における活力ある商店街の形成」

○地域の商業者の皆様とも連携協力し、地域活性化につながるイベントを効果的かつ積極的に支援し、参加者等の増加と新たな顧客や消費拡大につなげる


「歩いて楽しめる商業環境の整備」

○地域における消費喚起を促し、地域経済の活性化を推進するため、新市施行10周年記念プレミアム付商品券を発行


「新たな地域産業の創出と雇用の拡大」

○埼玉県緊急雇用創出基金を活用し、埼玉とうぶ若者サポートステーションとの連携による若年者の再就職を支援

○企業誘致については、昨年までに誘致した企業へ奨励金を交付しつつ、さらなる誘致に向け、引き続き積極的に推進


「観光資源の魅力向上と情報発信」

○シティセールスシンボルマークを活用した戦略的な情報発信

○市民参加型の音楽イベントの開催、市の歌の制定など、全国に誇れる地域資源に光を当てた趣向を凝らした取組を行い、本市のさらなる魅力向上につなげる

○情報誌「kasukabe+(かすかべプラス)」を新市施行10周年特集号として発行




[基本目標6 コミュニティ分野(ふれあいの施策)]

 
「市民参加と協働の推進」

○環境美化を市民の皆様と共に行うアダプトプログラムを進める

○ボランティア団体やコミュニティ団体の活動に関する情報提供の支援など、多くの市民の皆様に市政への参画を促しながら、さまざまな絆を培う


「コミュニティ活動の活性化」

○自治会活動や地域コミュニティ活動をしっかりと継続的に支援します


「人権の尊重」

○人権尊重意識の高揚を図るため、関係機関の皆様と連携・協力しながら、人権相談や啓発活動を継続的に実施します

○10月には「埼葛人権を考えるつどい」を市民文化会館で実施します


「男女共同参画の推進」

○大学生政策提案コンテストで最優秀賞を受賞した「春日部市をイクメンのまちに」の提案を事業化し父親の育児参加を支援し、子育てをする喜びを広める


「国際交流の推進」

○姉妹都市であるオーストラリア・フレーザーコースト市と市民同士の異文化交流を促進するとともに、産業、教育、歴史、文化等に関して情報交換します




[基本目標7 行財政改革分野(しんらいの施策)]

 

「戦略的・計画的な行政運営」

○新市施行10周年にあたり、記念式典や記念事業を実施

○「まち・ひと・しごと創生」に関する目標や施策について基本的方向等を定めた総合戦略を策定


「安定した財政運営」

○市税などを携帯電話やスマートフォンからモバイルバンキングを利用して納付できるサービスの導入

○印鑑を用いて行っていた口座振替の申し込みをキャッシュカードでもできるようにするなど、納付環境の拡充を図る


「窓口サービスの向上」

○平日の来庁が困難な方などに対する利便性の向上を図るため、10月から市民課に休日窓口を開設

○住民票の写しや印鑑登録証明書が取得できるコンビニ交付をさらに周知

○全庁的に「おもてなしの心」を持って、窓口応対に努める


「広報の戦略的な発信」

○市公式ホームページやツイッター、フェイスブック、LINEなどの多彩な広報媒体を効果的に活用し、あらゆる世代に対して魅力あふれる広報を目指す


「市民ニーズの的確な把握」

○今年は国勢調査が実施されるため、国勢調査員の皆様のご協力のもと、調査が円滑かつ適正に行われるよう事務を進めまる


「電子市役所の推進」

○国民生活を支える社会基盤として全国的に展開される社会保障・税番号制度への対応を行う




平成30年度の施政方針はこちら

平成29年度の施政方針はこちら

平成28年度の施政方針はこちら

平成27年度の施政方針はこちら

平成26年度の施政方針はこちら

平成25年度の施政方針はこちら

平成24年度の施政方針はこちら

私、石川良三は,日本一幸せに暮らせる街、春日部を目指します。
Copyright (C)2009 Ishikawaryouzou. All Rights Reserved.